色が黒いとスリムに見える

紫外線リスクを気にせず小麦色の肌を楽しみたいならブロンズターナー

 

人が太って見えるか痩せて見えるかは、実際の太さや細さだけではなく肌の色によっても左右されます。

 

 

淡く明るい色は膨張色であるため色白の肌はぽっちゃりとして見えやすく、濃く暗い色は収縮色であるため引き締まって見えやすいのです。

 

 

ですから、周囲の人からスリムに見られたい方は肌を小麦色にするのがおすすめです。

 

 

ただ、小麦色になるほど太陽の光を浴びたら、紫外線で肌にダメージが加わりそうだと心配になる方が多いでしょう。

 

 

日焼けをすると肌がヒリヒリしてしまうという方や皮が剥けて見た目が悪くなってしまいそうなのが気になるという方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

そんなときは、ブロンズターナーというセルフタンニングローションの出番です。

 

 

このローションは、太陽の光を浴びることなく小麦色の肌を手に入れるのに役立つ商品です。

 

 

ご自宅でこのローションを小麦色の肌にしたい部位に塗り伸ばして放置しておくだけで、まるできれいに日焼けしたかのような見た目を目指すことができます。

 

 

本当に日焼けをするときのように太陽の光を浴び続ける必要が無いので、紫外線ダメージを気にする必要がなく使えます。

 

 

皮膚の老化が進んだり皮膚ガンになったりするリスクを高めることなく小麦色の肌になりたい方は、ブロンズターナーでセルフタンニングをするのが良いと、皮膚科医のお墨付きも得ているのです。

 

身体が引き締まって見えるブロンズ肌になりたい方に!

 

ブロンズターナーの魅力は、紫外線ダメージのリスク無く使えることだけではありません。

 

 

好きなタイミングで、短期間だけメイクをするような感覚で小麦色の肌の自分を楽しむことができることも魅力として挙げられます。

 

 

ブロンズターナーを塗ってから肌に変化が生じるまでには、半日から1日程度しかかかりません。

 

 

ですから、前日に急遽、海やプール、温泉などに友人や恋人と出かけることが決まった場合も、急いでローションを塗っておけば、翌日に小麦色の肌を皆に披露することが可能だと考えられます。

 

 

そうして小麦色の肌になった後は、3日程度経った頃からだんだんと色が落ちてきて、1週間ほど経てば元通りの肌色に戻る場合が多いです。

 

 

なので、小麦色の肌が似合わない季節になったのにまだ色が落ちない……と憂鬱な気分になってしまう心配がありません。

 

 

もっと長く小麦色の肌をキープしたいという場合は、2日に1度程度のペースでブロンズターナーを塗り続けるようにするといいです。

 

 

ちなみに、ローションを塗ったときにどんな色に仕上がるかは、元々の肌の色によって違ってきます。

 

 

ですから、まずはパッチテストを兼ねて目立たない部位にローションを塗ってみて、肌の調子や色の具合に納得したら、目立つ部位にも使うようにするといいでしょう。

 

 
inserted by FC2 system