ブロンズターナー 顔

焼かずに小麦色の肌が実現できるブロンズターナー

 

小麦色の肌は健康的なイメージもありますし、肌を焼くことで全体に引き締まって見える効果も期待できます。

 

 

小麦色の肌は水着もかっこよく気こなすことができますし、男性の場合はよりたくましく男らしく見える効果も得ることができます。

 

 

とはいえ、体全体をきれいに焼くことは簡単ではありません。

 

 

理想の色に仕上げるには時間もかかりますし、ムラもできやすく、さらに冬場では実現はかなり難しいと言えます。

 

 

そして肌の白い人はヒリヒリしたり、赤くなったりなどのトラブルになることも多いですし、紫外線は肌を老化させたり、シミやそばかすの原因ともなりますので、焼くのには抵抗を感じる人もあるのではないでしょうか。

 

 

そこで注目されているのが焼かずに理想の小麦色肌になれるブロンズターナーです。

 

 

焼かずに色を変えるというとファンデーションで一時的に肌の色を変えるものというイメージもありますが、こちらはそうした商品ではないので色落ちの心配もありませんし、一週間程度効果が持続し、そのあとは次第に元の肌色に戻っていきます。

 

 

ブロンズターナーは無色透明のセルフタンニングローションで、塗って12時間程度で理想の小麦色の肌に導いてくれます。

 

 

焼いてもなかなか黒くならない、色白の肌の人も手軽に小麦色肌が楽しめますし本物の日焼けのようにヒリヒリしたり、皮がむけてしまうという心配もありませんので、スキンケアで気をつかう必要もありません。

 

 

日焼けマシンのように高額な費用も必要ありませんし、自宅で塗るだけですので、誰にもすぐに取り入れることができるのではないでしょうか。

 

肌のターンオーバー(新陳代謝)で元の肌に戻ります。

 

肌色は一週間程度で元に戻っていくので肌の色を短期間に戻したい人にもおすすめですし、長期に持続させたいという人は1〜2日おきぐらいに塗りなおしておくとより長く効果を維持することができます。

 

 

ビーチで利用する際は日焼けオイルと併用できるのかも気になるところですが、こちらも特に問題はないとのことで、海外では一般的な使われ方となっています。

 

 

肌に塗るときには手への着色も注意しなくてはいけませんので、塗り終わったあとは石鹸でしっかり洗い流しておきましょう。

 

 

ビニール手袋などをしておくとさらに着色が防げるので安心です。

 

 

少しだけ試してみたいという人はまずはミニボトルを選んでみることがおすすめです。

 

 

こちらは体全体に塗れる量ではありませんが、体の一部で試すことができますので、どのように変化するのかを知ることができます。

 

 

ミニボトルでも顔なら3回は使えますので、理想の色になるか、肌に刺激がないか確かめてみましょう。

 

 
inserted by FC2 system